放課後KIDSルーム栗ケ沢について

ねばぁらんどの願い

私たちねばぁらんどは「すべての子どもたちが、地域で多くの大人や友達に囲まれて生活できる街づくりに貢献したい」と法人設立以来、業務に取り組んできました。

放課後児童クラブ運営では、ボランティアの受け入れ、地域行事への参加、他団体を迎えての行事、地域連絡会、地域交流会、保護者会活動の支援等を行ってきました。

子どもは家庭・学校・地域での生活体験の中で、社会性・協調性・多様性の理解・自立性・自律性・創造性・安全意識が育ち、自己肯定感が育まれます。放課後KIDSルームは「学びの場」「体験の場」「交流の場」「遊びの場」「生活の場」を兼ね備えた子どもたちが安全で健やかに過ごすことのできる「居場所」です。ここにこれまで法人で培った地域との連携『地域性』が加わることで私たちの目指す「松戸でどんな子育てができるのか、どんな地域に住み子どもにどう育ってほしいのか」を形にすることができます。

子どもの生活の中には、知らないこと、できないこと、うまくいかないこと傷つくこと、恥ずかしいことがたくさん起こります。誰かに助けられて、「新しいことを知った」「できないことができるようになった」「チャレンジして成功した」「慰められた」「励まされた」体験が、その子その子の「人となり」(大人になること)を形成します。KIDSルームのスタッフが、子ども同士を結び、子どもと地域の人を結び、大人同士を結ぶ役割を果たします。身近な地域の中で、つながりが広がり深まることは、地域に暮らす子どもに「豊かな子ども時代」を保障し、子どもを真ん中に置いた大人同士の結びつきは、心の通い合う暮らし(街づくり)となることでしょう。

これらの思いを発信する場・形作る場がねばぁらんど版KIDSルームでありこの事業を通じて子どもたちが「自分が好き」「松戸が好き」と思えることを願って、松戸市地域放課後児童支援事業(栗ヶ沢小学校)を行います。